このサイトでは看護師になるための方法を詳しく紹介しています。
TOP写真

 

憧れの看護師になろう。

 

 

看護師の基礎知識

TOPページ
看護師の種類
看護師の仕事内容
看護師の勤務状況
看護師の給料
看護師の就職先
看護師のQ&A

 

看護師の試験

看護資格が得られる学校
国家試験の内容

 

その他

ご意見・ご感想

 

 

看護師国家試験の内容

 

ここでは看護師国家試験の、試験科目や合格基準などを紹介していきますので
看護師国家試験を控えているかたは、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

看護師国家試験の試験科目

看護師国家試験の試験科目は下記の10科目となります。

・人体の構造と機能
・疾病の成り立ちと回復の促進
・社会保障制度と生活者の健康
・基礎看護学
・在宅看護論
・成人看護学
・老年看護学
・小児看護学
・母性看護学
・精神看護学

上記の試験科目を看護学校等で3年間(大学は4年間)、「看護基礎教育」として学び
ます。 看護師国家試験は知識だけでなく、「問題分析・思考能力・推論・対応能力・
解決能力」も重要視されています。

 

 

看護師国家試験の試験内容(出題形式)

看護師国家試験の試験内容(出題形式)は、「四肢択一のマークシート方式」となって
います。形式は下記のとおりになっています。

午前(2時間45分)

・客観式必修問題(四肢択一)・・・「30問」
・客観式一般問題(四肢択一)・・・「120問」

午後(2時間30分 )

・客観式一般問題(四肢択一)・・・「30問」
・客観式状況設定問題(四肢択一)・・・「60問」

 

 

看護師国家試験の合格基準

2007年(平成19年)第96回看護師国家試験の合格基準は下記になります。
もちろん毎年、合格基準は変わりますのでしっかり勉強して試験の日に備えて
下さいね。

計算方法としては、必修問題及び一般問題を1問1点、状況設定問題を1問2点
として採点していきます。下記の全てを満たした場合には、無事看護師国家試験
合格となります!

第96回看護師国家試験の合格基準(平成19年2月実施)

・必修問題・・・「24点以上/30点」
・一般問題+状況設定問題・・・「194点以上/269点」


※第96回看護師国家試験では1問(第117問)が、「採点対象から除外する」扱い
にされたので、269点が満点となっています。

 

recommend

ネイルサロンを渋谷で探す

2018/9/28 更新

 

TOPページ看護師の種類看護師の仕事内容看護師の勤務状況看護師の給料看護師の就職先
看護資格が得られる学校国家試験の内容看護師のQ&Aご意見・ご感想
Copyright (C) 憧れの看護師になろう。  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです